Vol.01/2004/06/10
トップへ戻るお客様へコンサルタント一覧コンサルティングメニューコラム
研修・セミナーメニュー会員の著作お問い合わせ先メールマガジン│会員ページ│


メールマガジン
戻る
                          Vol.01  2004/06/10
-- TASKS Information ---------------------------------------------------
 TASKSとは、特定非営利法人(NPO)東京城南中小企業診断士会です。個人から
組織・団体等が行う事業の近代化、合理化、経営革新等のコンサルティングを行
っています。
-------------------------------------------------- TASKS Information ---
◆ 今回の目次 ◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[[ 会長からの挨拶 ]] メールマガジン発刊のご挨拶
[[ コ  ラ  ム  ]] データが眠っていませんか?
[[ TASKS 会員紹介 ]] 柄澤明久、榎本博之
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[[ 会長からの挨拶 ]]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  メールマガジン発刊のご挨拶
────────────────────────────────────
                            会長 杉本 收
 特定非営利法人・東京城南中小企業診断士会(TASKS)は、2003年8月20日
に東京都の認証を受け、その後、法務局にて法人設立登記を行い、正式にスター
ト致しました。
 2001年5月に(社)中小企業診断協会東京支部城南支会総会にて、社団法人とは
別組織にて社会貢献活動や事業活動ができる団体を作ろうではないかという意見
が出て、2002年8月に設立準備委員会を発足いたしましたので、1年以上という
長期の検討期間でありました。
 その間、設立準備委員や参加希望者から様々な活動に関する意見が寄せられ、
検討して参りました。また、(社)中小企業診断協会東京支部城南支会の会員が中
心になって検討してきたという設立の経緯により、現時点での会員(約70名)は
全て経済産業大臣登録中小企業診断士です。
 
 会員は、様々な経歴と経験及び能力を持っていますので、今後は、既存の企業
はもちろん、これから独立して起業しようという方々に対して、様々な形のお手
伝いができると考えています。
 しかし、NPOとしたスタートしてまだ1年を経過してない状況ですので、本
格的な活動までは少し 時間が必要です。そこで、まずは活動の一環としてメー
ルマガジンを発刊することになりました。会員が交替で執筆いたしますが、皆様
の経営に役立つヒントが必ずあると思います。このメールマガジンのご愛読をお
願いすると共に、特定非営利活動法人 東京城南中小企業診断士会(TASKS)
をよろしくお願い申し上げます。
                                 以上

[[ コ  ラ  ム  ]]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  データが眠っていませんか?
────────────────────────────────────
                            会員 植田 稔
 問題です。あなたの会社の中にたくさんあって、うまく使えば売上や利益の向
上に役立つのに、放置され、保管だけされているものは何でしょう。タイトルに
もあるように、答は「データ」です。
 経営におけるデータの活用はよく言われていることですが、「その必要性は頭
ではわかっていてもなかなか実行に移せない」というのが実情ではないでしょう
か。以下に、データ活用におけるよくある言い訳についてお答えします。
--言い訳1:データを活用するシステムがない------------------------------
 データ活用のための高度なシステムなど導入する必要はありません。ともする
と“システムに使われる”状況に陥ります。どのデータをどう使うのか、こうい
う切り口で見たらどうかという、人間の知恵こそすべてです。それを効率的に実
践する手助けとしては、普段使っているパソコンで十分です。
--言い訳2:データを活用できる人材がいない------------------------------
 人材は育てるのです。社員の成長なくして会社の成長はありません。同時に、
社長自らが取り組むのです。何もパソコンとにらめっこせよ、ということではあ
りません。情報活用戦略を産み出すのです。システム投資に比べれば、人材教育
ははるかに安く済み、またその効果も計り知れません。
--言い訳3:過去のデータは役に立たない----------------------------------
 それは逃げ口上です。確かに環境変化の激しい中、過去の傾向がそのまま当て
はまるわけではないかもしれません。しかし、すべて当てはまらないわけではあ
りません。あるデータとあるデータの相関がわかれば、一方の実績値からもう一
方の予測が立てられます。やってもみないうちから逃げてはいけません。
 セブンイレブンが成功したのはPOSシステムを導入したからではありません。
それ以前に、商品ごとの売れ行きをノートに正の字を書いて管理していました。
データの重要性にいち早く気付いていたのです。
 社内に眠っているデータは宝の山です。ぜひ活用しましょう。
                                 以上

[[ TASKS会員紹介  ]]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  柄澤明久、榎本博之
────────────────────────────────────
◆柄澤明久 http://www.tasks.jp/list_html/no_07.html
────────────────────────────────────
 皆様こんにちは。会員の柄澤明久と申します。私が現在力をいれて取り組んで
いるのは、企業の社会的責任に関する問題です。特に最近は個人情報の流出事件
が多発しています。
 企業にとって個人情報の保護は重要な社会的責任といえます。私は企業の個人
情報保護の仕組について第三者が認証するプライバシー・マーク取得支援を中心
に、情報セキュリティやコンプライアンスへの取り組みの支援を行なっています
ので、是非ご相談下さい。

◆榎本博之 http://www.tasks.jp/list_html/no_04.html
────────────────────────────────────
 みなさん、始めまして。コンサルティング部の榎本博之(えのもとひろゆき)
と申します。
 今年度は、創業関係に力を入れており、ぱる出版にて
      「すぐに稼げる『人気商売50』」
を共著で出版しました。創業希望者のガイド的な解説書です。
 また、TASKSの案件では昨年末より4ヶ月間にわたり、TASKS会員2名と共に福
祉関係の新規事業展開に関するサポートを行いました。個性ある知恵をチームと
して活用できるTASKSをよろしくお願いします。
                                 以上

━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第1回のメールマガジンはいかがだったでしょうか。編集長の佐川博樹です。
弊会の常任理事で広報部副部長をしております。このメールマガジンは、弊会の
活動をご紹介すると共に、読者の方々に役立つような情報を提供してまいりたい
と考えています。そのためには読者の方々からの忌憚のないご意見を拝聴し、誌
面に反映していきたいと考えております。
━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次回の発行は、 6月20日を予定しています。コラムには、会員である老川のCS
に関する情報、また弊会の商品紹介を予定しています。
────────────────────────────────────
発行責任者 杉本 收(Tasks会長)
編 集 長 佐川博樹(Tasks広報副部長)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★  お問合せは、info@tasks.jpまで。
─ご購読の登録・解除・変更はこちらから─────────────────
Macky!でご登録の方
http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=tasks
melma!でご登録の方
http://www.melma.com/mag/44/m00116244/


Copyright